ホワイトニングには薬剤を使う

男女関係なく綺麗な白い歯に憧れるという人は多く、歯のホワイトニングを考える人も少なくありません。
ホワイトニングの為に、色々と試す人もたくさんいます。
インターネット上でも多くのホワイトニング情報がありますが、間違った方法では歯を傷付けてしまい逆効果になります。
その為、ホワイトニングをするのにお勧めしたい方法は薬剤を使うものです。

歯のホワイトニングを考える前に、歯が黄ばんで見える仕組みを知っておくと良いでしょう。
歯は内側に象牙質があり、それをエナメル質が覆う構造をしています。
エナメル質は半透明で、内側の象牙質が黄色っぽい色をしています。
歯の色は象牙質の色が透けて見えています、その為、エナメル質が薄いと歯が黄ばんで見えてきます。
歯のエナメル質は歯磨きのし過ぎや、虫歯、酸性の食べ物を食べることなどがあります。
歳を重ねるとエナメル質はどうしても減ってしまうのに対し、象牙質は厚くなるという性質がある為、加齢に伴い歯が黄ばんでいるように見えます。
また、歯が黄ばむ日常的な要因としては飲食があります。
コーヒーや赤ワイン、お茶など着色性の強い飲食物を摂った後に、しっかり歯を磨かないと着色汚れとして歯の表面にこびりついていきます。

薬剤を使う方法には自宅で出来るものと、歯科で行う方法、歯科でマウスピースを作り自宅で行う方法があります。
当サイトでは最も手軽に行える市販の薬剤を使う方法と、即効性がある歯科で行う方法をご紹介します。
ホワイトニングを考えている方に参考にして頂ければと思います。



[管理人特選サイト]
セラミック治療やホワイトニング治療を行っている大阪の美容歯科です ・・・ 大阪 セラミック